· 

『3−4X10月』から『ソナチネ』へ


好きな作品のもう一つが『3−4X10月』(さんたいよんエックス10月)


『3−4X10月』も、それに続く『ソナチネ』にも監督の非凡さを感じるシーンが多い
『3−4X10月』は『ソナチネ』の前哨戦のよう

どちらもほとんど感覚で撮ってる
ストーリーをみているかと思うと、色彩だけで映画を撮っているシーンもある 
いきなりゴッホのような印象派の絵を眺めている感じのシーンが出てきたりする



『ソナチネ』の紅い花を空に放るシーンは綺麗だけれど

それは
 今までも、そしてこれからも、血が流れますよ

というように、紅い花と赤いフリスビーは命を表現しているのか

そして死に際がいちいち鮮やか

みんな生活のリズムが壊れている

時間感覚もないから『3−4X10月』の夢落ちっていうのも違和感がない


どちらの作品も主人公が死ぬ前に予知夢のビジョンがみえるけど、それでも死に向かっていく 
最後を予期するってたけしらしい

北野作品を観ていると、女は実在で男は出来事だと思えてくる

女は常に現実的で眼にみえることを大事にする
単体で自然に生きていて適応している、無理をしていない

男は社会優先で関係性というフィクションで動いてる
だから男の方が不安定、そしてどんどん消えていく
儚いのは女でなくて、ほんとうは男



甘ったれなんだけど、甘え許さない状況に放り込まれてあがいていく感じに、北野監督は他力本願の頼りない感覚を表現するのがうまい

受動性と能動性のエネルギーがあってどちらも正しい
動く人も動かない人もどっちも全体性の中にいる
どちらが偉いとか間違っているとかではなくて、どうしようも変えられないエネルギーの流れ
それを感じさせる

『3−4X10月』と『ソナチネ』を観た後は、現実に戻ってこれないような浮遊感がある