· 

Gozo Shioda/ 塩田剛三 (1915-1994)


This is the photo of Gozo Shioda, who is one of the biggest martial arts masters of the 20th Century in Japan. 

You find Gozo Shioda has a watertight defense. He feels the camera throughout his body. He stands face to face with a photographer. This is what Gozo Shioda is.

He also has an aesthetic of his own: simplicity or monofunctionalization.

From the picture, Gozo Shioda is a concise being to make himself a martial artist, such as streamlined car and railroad car.

I am awakened by Gozo Shioda when I see this picture. His photos always make me upright.

When Photographer take portrait, they try to gaze into the depth of subject. However, this photo is completely opposite.

The photographer is looked in the heart of him by Gozo Shioda. This photographer is read as his attempt by Gozo Shioda. 
Master Gozo Shioda’s eyes have never his permission that the photographer takes Gozo Shioda's picture.

Gozo Shioda knows what’s going on beneath the surface.

We cannot see the back of his eyes. Therefore, we don’t find the inner nature of Gozo Shioda.

 

 

これは20世紀の武道の達人の一人で、塩田剛三という合気道家の肖像写真です
 

一分の隙も無いですね、全身でカメラのレンズを受けています
 

塩田剛三という人は会った瞬間に目が醒める人

塩田先生の晩年の写真をみると、どれも背筋が正される感覚に襲われます

こういう感覚はそう肖像写真から得られません
 

そして強い美意識を感じます

スッキリとして、極限まで機能化した流線形の乗り物のような、無駄を一切削ぎ落とした機能美を感じます

つまり塩田先生は余分なもの、雑味を感じさせないんです

 

それから少しでも動いたら斬られそうな雰囲気をもっています

塩田先生は闘いの場でなくとも水面下で油断していません

撮影させることを許していない、カメラマンを殺す眼をしています

レンズの奥をみる眼です、むしろ向こう側から相手の心の奥の深いところまで洞察しようとしています

カメラを構えた相手と向き合う、それが塩田剛三先生なんですね

相手の本質を覗こうとするレンズがこの場合、逆にそれを見透かされているような状況です

写真を見ても塩田剛三という人間の本質が見えてきません


Takashi Kushida is also an aikido martial artist. This portrait photo lets me 
explain that the photo of Gozo Shioda is outstanding.

Takashi Kushida is conscious of the portrait photo of Gozo Shioda because both pictures has similar composition.

However, it is a big difference. Kushida Takashi is not aware of possible dangers. He drops his guard up from his neck.
Takashi Kushida permits that the photographer gets within range of shoot. He does not know what's going on beneath the surface. He just cares about himself that the photographer takes the picture of.

Lens takes a picture of what is being intended or not.


もう一枚は塩田剛三先生の直弟子で、串田誉司という合気道家の肖像写真を掲載します
この方の写真と比較すると塩田剛三という人の凄さがわかる思います

串田先生の写真は塩田先生に近い構図で撮っているので、比較しやすいと思います
しかし串田先生の場合、首から上は油断して、つまり許しています

レンズの射程内に入っています
確かに
彼の眼はレンズに向いているんですが、レンズではなく撮られる自分に意識が向いていることがわかるでしょうか

この方には容易に間合いに入れるんですね

レンズは串田先生の心をしっかり写しとっていますが、串田先生はそのことに気づいていません

このように写真というのは時に、意図していないものまで写り込んでしまうことがあります