· 

『Single White Female / ルームメイト』(1992)

 

A story in which an obsessive women try to get a mentally weak women.

An obsessive women is Hedy, a mentally weak women is Allie.

Hedy's spirit is not united. That is, she has no behavioral principle. Hedy's behavior depending on situation, Therefore, Hedy's directionality always changes rapidly.

However, there is one thing Hedy is stuck with. She doesn't want to lose her partner, Allie.

Nevertheless, Hedy doesn't know why she doesn't want to lose. In addition, Hedy makes many awful assumptions and has ability to get things done. This is frightening.

Each person has Jekyll and Hyde in one's own heart, and one's own mind will get warped if one doesn't accept both of them.

I wonder the kind of woman, that is Allie, who connect with Hedy.I


 

首が痛い、、

今、頚椎を痛めていて合気道の稽古をしばらく休んでいるんですが、娯楽どころか却ってリラックスできなかった

この映画でよけいに首の筋肉が硬直した気がする、、笑)

それだけ引き込まれたんだけれども

強迫観念症のヘディという女性が、精神力が弱いアリーという女性を取り込もうとする話

精神が病んでるヘディは目的が一本化されていなくて、つまり自分軸がない

状況次第でどんどん方向性が変化していく

でもこだわってるものは一つなのか、、

それは相手を失いたくないんだけど、なぜ失いたくないのかを突き詰められない上に、思い込みの強さと実行力だけがあって、ひたすら怖い、、

ただ、そういう人と縁ができたヒロインのアリーってなんなんだろう?


ヘディの場合、自分を許せなかったから他人も許せなかった
人って誰しも自分の中にジキルとハイドをもっていて、それを認められない人というのは、いびつになっていく気がする


今夜は身を楽にして眠りたい  ZZZ