· 

『ショーシャンクの空に』(1994)

The Shawshank Redemption / ショーシャンクの贖罪

 

フランク・ダラボンという人がこの映画の脚本・監督です

 

この監督の両親はソ連影響下のハンガリーから難民としてフランスに移り、彼自身はそこの難民収容所で生まれた人のようです

 

そして彼の生い立ちを重ねているのか、旧約聖書のユダヤ人の『出エジプト記』の強制労働から逃れる話が出てくる


 

主人公のアンディ(ティム・ロビンス)は、贖罪を受けるキリストに例えられてる

 

おそらく監督は自分の境遇を彼に重ねています

 

.

.

 

そしてこの映画で、人生というのを収容所にも例えています

 

人は自分の意志とは関係なく、いつの間にかここに放り込まれて参加させられている

 

生きていることはどうしようもなくつまらないかもしれないが、それはもう、そのつまらない日常を工夫して楽しむしかない

 

主人公が看守に逆らってまで、収容所内で無断で音楽を流しているシーンは印象的ですね

 

 

.

.

.

 

 

そしてこの作品のテーマは

希望が大切だと単純に伝えたいわけではなくて

 

 

希望をもつことや絶望することが生き方の選択に大きく関わり、人生の結果に影響を与えてしまう

だから我々は希望を保ちつづける必要がある


そのためには未来への信仰心が必要になる

 

 

 

 

では人は日常でどのように信仰心とつきあっていけばいいだろうか

 

 

短くいえば


魂の修め方

 

について伝えようとしている気がします

 


この作品で主人公が、希望を保ち続けるために何をしてきたか?


それは

穴を掘ること

 

.

.

 

 

 

 

 

魂の修め方の到達点は日々のルーティンから生まれる

 

毎日欠かさず励行している何かがないと信仰心を保てない

 

農家は、朝早く起きて畑に行く


仏壇の水やご飯を代えて手を合わせる


初夏に田植えし、定期的に雑草を取り、秋に収穫する

忍耐強く続けている「日課」がある

それが魂を修めることにつながる

 

.

.



希望をもって穴を掘り続けること』がテーマではなくて


毎日穴を掘ってるからこそ、希望を保っていられる

 

 

 

日常の繰り返しの行為が精神を鍛えさせる

 


.
.
.

 

 

そして『穴を掘る』というのは社会的な評価とは関係がなくて、

他人からみればとるに足らないもの

 

でも掘り続けることで魂が修まる

 

 

 

一方で他人が決めた基準で生きてきた人は、歳を重ねた時に何が自分にとって最も大切なことかがわからない


だから自分を見失うはずです

 

それは結局、中晩年に答えが出るはず

 

レッド(モーガン・フリーマン)はそういう役割を担っている

 

 

 

 

重要なことは、社会と無関係な自分だけの大切な何かを続けてきたかということ

それを監督は伝えようとしている気がします

.
.

 

僕の場合は、今まで自分の可能性を広げるため大きく動いてきた

 

そして次は自分の築いてきたテーマを日常で恒常的に続けること


個人的にこう受けとっています

 

.

.

.

 

  あなたにとっての『穴を掘る』とはなんですか