· 

合気道とガウディ建築

 

 

合気道の師匠の安藤毎夫師範は

 

“合気道に仕手も受けもない“

 

そう言われます

 

.

.

 

 

状況こそが全てを支配していて、主体は固定されていない

 

 

自分にはそのようにも聞こえます

 

.

.

.

 

Casa Milà


一般的な西洋建築と違って

 

アントニ・ガウディの建築というのは

対称形につくられていない

 

つまり中心がない

 

主体、視点を固定しない

 

だから

観賞するポイントがひとつに定められていない

 

それは日本庭園と同じように

歩くことを前提につくられているから

 

.

.

 

だからガウディの作品は時間が凍結されてない

 

歩いていくと、どんどん叙景が変わっていく

 

鑑賞者に「時」の流れを感じさせるように

設計されている

 

一般的に日本人がガウディの建築を好きだ

というのはわかる気がする

 

.

.

 

Sagrada Familia