· 

勝新太郎と黒澤明

 

 

映画『影武者』(1980)の撮影で、役者の勝新太郎が黒澤明監督と衝突して

 

勝さんが主役を降板したという話があります

 

様々な人が色々な理由を挙げられてるんですが

 

 

『勝さんは「耳」の世界の人で、

 

黒澤さんは「眼」の世界の人だった』

 

 

それが最も大きな要因のひとつではないかと私は想像しています

 

.

.

 

 

黒澤さんはもともと画家出身で26歳の時に映画監督に転向された

 

あらかじめ自分の中に脚本のイメージが明確にあり

 

映画のパラグラフもあって、全体の構成がしっかりしています

 

現実を自分のイメージに近づけていく人 

 

世界を『かたち』で捉えている

 

「眼」は分析的で構造で世界を捉えます

 

.

 

 

勝さんは長唄三味線をしている父親の家に生まれて23歳まで、音の世界にいました

 

その後、役者に転向しました

 

だから世界を『ながれ』で捉えている

 

予定調和を嫌うし、台本通りにやらない

 

流れに身をまかせる

 

「耳」は情動的で感覚的に世界を捉えます

 

勝さんは、まさに「耳」の人だったのではないかと感じています

 
.

.

 

 

 

俳優の石橋蓮司さんが、勝新太郎さんの撮影の現場に行った時のエピソードを話されています

 

勝さん、面白いですね

 

.



 

.

.

.