屋久島時間

 

新しい土地に来ると感覚が慣れるまで一週間くらいはかかる

ある日、自分の感覚が変わってきたのに気がついた

 

宿で本棚を見た時だ

 

都内にいる時ならこういう違和感は感じなかった気がする

 

町から少し離れた、夜には街灯も人影もないような場所に宿泊した

その周りには山と森、それと海しか見えない山小屋の造りの簡素な宿で、

近くにあるのはバス停以外にはなく、Wifiも届かない

 

自分が本棚を見つけたのはそんな宿のリビングだった

自分以外には宿泊者もいない

 

夏目漱石や西洋の文豪などの全集がぎっしりと並べられていた

 

でもそこに違和感を感じた

 

こんな空間には言葉というのは無力だな

 

.

.

 

 

 

こんなところにくると言葉の説得力がなくなる

自然の存在感が増して、そもそも人間自体に説得力がなくなってくる

 

この島に来てからしょっちゅう天候が変わる、スケジュールが狂う

屋久島からの飛行機は欠航した

今日も帰れなかった

 

自然が主役になってくる

 

人間が目立たなくなってしまい

この環境に合わせて生活をするしかない

 

わけのわからないのは人間よりも自然

 

そういう感覚が強くなってくる

 

 

 

 

自然に囲まれていると人間よりも自然の表情に視線がいく

 

都会で育ったせいか、ふだんから僕は人の表情の方に意識が向く

仕事に活きているからこれはいいんだけども、

人間の心の状態と行動の関係をみることに関心がある

 

でも自然の中にいくとそんなことすらどうでもよくなる

 

.

.

 

都会ではなくこういう島に生まれて育ったら

もう少し違う人間になっていたのかもしれないなと感じた

 

.

.

 


お問い合わせ先: 

shukensato@gmail.com

 080-1161-8321

CONTENTS PAGE / 目次

ご意見・ご要望などが有れば、以下からお気軽にメッセージをください 

メモ: * は入力必須項目です

このHP全体に興味をもたれた方は、「いいね」やシェアをしていただけたら嬉しいです ↓

シェア